自分で盗聴器を発見するために必要な下準備


盗聴を自分で発見するためには下準備をしましょう。

盗聴器は仕掛けられてしまうと、自分の力で発見するのが困難です。盗聴発券機は売られてはいますが、機械に詳しくない人には1から手順を覚えなきゃいけないため、なかなか自分だけの力で盗聴器を発見するのは難しからです。
しかし、盗聴は誰もが仕掛けられる危険があります。しかも厄介なのは、盗聴を仕掛けるのがあなたが心を許した身近な人なんです。だから、盗聴器を仕掛けられる前にあなたのプライベートな空間で盗聴器を発見できるように下準備しなきゃいけません。
盗聴器は、たこあしコンセントのような形をしているものが多いです。そのため、盗聴器を発見する下準備としては部屋にあるたこあしコンセントに印をつけておくといいです。番号を記入したり、あなたのサインを書いたりして、印が真似されないようにします。ただ黒いペンで丸をつけただけだと、盗聴器を仕掛ける人が印を真似してしまいます。だから、真似されにくい印にしましょう。
また、誰か親しい人を家に招いたら、なにか物を動かされた形跡がないかも確認しましょう。その人がいた空間は、部屋の隅々まで異常がないか確認するんです。
親しい人ほど気を許してしまいますが、親しい人ほど盗聴器を仕掛ける可能性は高いんです。