発見できない?と業者の差


盗聴器発見には、自身で調査を行う場合と盗聴器発見調査を業者に依頼する場合、2つの手段があります。
自身で盗聴器発見調査を行う事は、機材知識を持っていたり、電波に詳しくなければ見落としなく盗聴器を発見することは難しいと考えられます。
実際のところ専門の業者であっても、発見機材の対応できる盗聴器の種類のものでなければ、発見は難しくなります。
例えば最近ドラマでも使用されるところを見かける「コンクリートマイク」。ビジネスホテルなどの壁にコンクリートマイクをつけ、隣の部屋の会話や音を聞く「アレ」です。電波を発して行うのではなく、伝わってくる震動を直接聞く方法のため、盗聴器発見に使われるような機材では発見することが出来ません。
盗聴器発見業者には、依頼する業者によって調査力に差があります。調査技術も必要ですが、何より盗聴器から発信されている電波をいかに色々な種類キャッチできるかで発見できる盗聴器の種類や数が変わってきます。

盗聴器発見業者に依頼を考えているのなら、どの程度機材に力を入れているのかなど、事前に調べられる範囲で調べてみることが大切です。