盗聴の怖さ

例えば国や企業。スパイ映画さながら、盗聴行為は横行しているようです。そんなの信じられないと思うのであれば、ネットのニュース検索をしてみれば、驚くことにすぐに最近の盗聴関連の記事を拾い上げてきます。
では、国や企業で平然と行われている盗聴、もしも身の回りに盗聴器が仕掛けられていると言われたらあなたは信じますか。盗聴器を仕掛けられることは、何も特別なことではありません。電気屋店街やインターネット、盗聴器は意外にも簡単に手に入れることができ、年間30万個以上の盗聴器が市場に出回っていると言われています。盗聴器を買うこと、盗聴器で音を聴き自分だけで楽しむことに関しては何の罰則規定もありません。しかし、聞いた内容を他人に話したり、盗聴器を仕掛けるために他人の住居へ無断で侵入した場合のみ、電波法や刑法に違反することになります。
思っているよりも罰則規定が軽いと思いませんか。法律に引っかからなければ遊び感覚で盗聴器を仕掛けるなんてことも増えて当然だと感じませんか。そこが出回る盗聴器の増える原因であり、身の回りに盗聴器があってもおかしくないと危機意識を持たなくてはいけない要因なのです。